泌尿器科の精子検査、保険適用される条件を紹介。金額明細も公開!

ABOUTこの記事をかいた人

妊活ブロガー*サクラ

妊活ブロガーのサクラです。33歳。
30歳の相方と二人で暮らしています。

2015年10月 結婚
2016年4月 妊活開始
2017年2月 産婦人科に通いながらタイミング法開始
2018年2月 抗精子抗体判明
2018年3月 顕微授精開始

抗精子抗体と判明して、顕微授精に挑戦中!
サクラ
先日、ようやく相方の精子検査を泌尿器科で行いました。

 

泌尿器科での精子検査は保険が適用されるのか?

精子検査が保険適用の場合の金額はいくらか?

というのが気になる人もけっこう多いと思います。

今回はその辺も詳しくお話をします。

 

↓初めて泌尿器科に行った時のお話はこちら↓

男性不妊の検査で泌尿器科に行ってきました。【体験談】

2017.11.01

スポンサーリンク





泌尿器科で精子検査をしました。

とある土曜日。行ってきました!

 

「精液を採取して1時間以内に持ってきてください。」

とのことだったので、朝から洗濯とか全部済ましていつでも出れる状態にして相方が1人で採取していました。

 

ちなみに、精液を入れる容器はこれ。

けっこう入れにくかったみたいです^^;

 

私の友人が通ってる産婦人科の精液の入れ物はもうちょっと奥行きがあるみたいなので病院によって容器は違うみたいです。

やはり、不妊治療にあまり力を入れてないところだったらなにかと共通の入れ物なのかもしれませんね。

 

そして、採取して病院へ。

病院に着くなり、受付で

「何時に採取されましたか?」と。

 

あっ!!

1時間以内に病院に着くように行こうとは考えていましたが、何時に採取したかまでは覚えていませんでした^^;

 

なので、これから採取される方は採取した時間も覚えておくといいと思います。

泌尿器科の精子検査、結果はその場で。

精子がいるのか?元気か?結果は早く知りたいですよねぇ。

 

相方の場合は診察室に呼ばれてその場で先生が顕微鏡で精子をチェックして、結果を教えてくれました。

また、相方も顕微鏡で自分の精子を見ることが出来たそうで、本当に動いていたみたいです♪

 

ちなみに、クリニックなどで細かい検査をした場合もだいたい当日には結果が出る病院が多いようです。

が、病院によっては2,3日かかる場合もあるみたいなので気になる場合は病院で確認してもらったほうがいいですね。

 

ちなみに相方の検査結果ですが、精子の数は問題ありませんでした。

ただ、少しだけ元気がないみたいですが、妊娠が難しいほどではないそうです。

 

先生に、精子を元気にするために摂取すべき食べ物ややるべきことを聞きましたが、

医学的にはこれをすれば精子は元気になるというのは解明されてないそうです。

 

今は漢方に頼るしかないそうです。

そこで、ツムラの漢方を処方してもらいました。

泌尿器科の精子検査、保険適用される条件。

今回の泌尿器科での精子検査は保険は適用されました。

精子検査をしてもらって、漢方の処方せんも発行してもらいました。

そして、支払った金額は

890円でした。

3割負担です。

 

今回、相方が受けた精子検査は精子の数・運動率・奇形率などの基本的な検査だったので保険適用となり、このお値段でした。

精子検査が保険適用の場合はだいたい1,000円以下になります。

ただし、下で説明しているように細かい精子検査をした場合は保険適用外となる場合があります。

精子検査が保険適用外の場合は5,000円~50,000円とかなり高額になる場合もあります。

詳しい検査を受ける場合は事前に病院に確認したほうがいいでしょう。

クリニックで詳しく精子検査をやる場合

不妊治療に力を入れている病院でしたら、院内に採精室があるところもあり、そういった雑誌やDVDが置いてある場合もあります。

そこで、男性はマスターベーションをして専用の容器に精液をとり、30分から1時間以内にくわしく調べます。

精子検査では

  • 精液量
  • 精子濃度
  • 運動率
  • 直進性運動率
  • 正常形態精子の率
  • 白血球数
  • 精子の凝集の有無

を調べることが出来る場合があります。

 

ちなみに数値の正常値は以下の通りです。

精液検査の正常値(WHO基準)
精液量 1.5ml以上
pH 7.2~7.8
精子濃度 1,500万/ml以上
総精子数 3,900万以上
運動率 40%以上
(前進運動32%以上)
正常形態精子率 4%以上
生存率 58%以上
白血球数 100万/ml未満

旦那さまが精子検査を嫌がったら・・・

もし、精子検査をして精子がいなかったら・・・

と思うと精子検査を嫌がる男性もいますよね。

 

他にも

  • 病院で精子検査をするのが恥ずかしい
  • 仕事が忙しくてなかなか病院にいけない
  • 近くに精子検査が出来る病院がない

 

こういった理由でなかなか精子検査を受けることが出来ない人もいますよね。

 

が、不妊の原因の50%男性側にあります。(WHO調べ)

 

なので、女性ばかり検査をするのではなくて、夫婦それぞれで検査をしたいものですよね。

 

旦那さまにも精子検査を受けてほしい!!

そんな想いを叶えようとこんなサービスが出来ました。

それが郵送による精子検査です。

手順もめっちゃ簡単です。

  1. 申し込み
  2. 検体採取セット到着
  3. 精子採取して投函
  4. ベビーライフ研究所で検査
  5. メールで結果の確認

 

気になる検査結果もメールで届くのですぐに知ることが出来ます♪

 

ぜひ、一度旦那さまに郵送精子検査を提案してみてください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓

郵送精子検査の詳細はこちらから

 

まとめ

基本的な精子検査だけだったら保険が適応され、1,000円以下でその場で検査結果を知ることが出来ます。

病院に精子検査に行くのが嫌な場合は郵送で精子検査を行うことも出来ます。

スポンサーリンク





line@始めました!

妊活レシピや妊活情報やあまり他の人には言えない妊活の悩みなど共有していきたいです(´∀`)

サクラ
気軽に話しかけてね!1対1でトークしましょう。

line@に登録して頂いた方には

「妊活をして実際に妊娠していた人がやったこと・使ったアイテム・行ったところなどをまとめたレポート」をプレゼントします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

妊活ブロガー*サクラ

妊活ブロガーのサクラです。33歳。
30歳の相方と二人で暮らしています。

2015年10月 結婚
2016年4月 妊活開始
2017年2月 産婦人科に通いながらタイミング法開始
2018年2月 抗精子抗体判明
2018年3月 顕微授精開始

抗精子抗体と判明して、顕微授精に挑戦中!